いつのまにか2020/10/11 21:53

百円ショップで手帳売ってて、それが、
2020年10月〜2022年3月
って書いてあった。
え、3年分の手帳?って思ったんだけど普通に来年の手帳だった。
震えた。買った。

たぶんこのあたりまでは、優先順位最上位で、全力で、求められている小説を書く。という時期になると思うんだけど。
作品のドラマ化という目標を、最高の形で達成することができて
ここからさらに期待に応えられるだろうかと。
それから、いくつか、買い手がつかないかもしれない小説があって、そこを超えたときに書けるだろうかと。
いくつか、試しに短編を書きたいです。

気づけばこのブログも10周年になります。
Twitterもやってるけど、私は自分の心情はクローズに近い方が書きやすいようです。
何か習作でも載せようかな。久々に少女小説とか。

10月2020/10/05 18:25

もう10月。早いなあ。

年末へ向け、もうちょっと頑張りたい。

原点2020/09/20 21:19

このところ、自分の過去作品をずっと読んでいました。
いろんな意味で悶絶する。
ヴィクロテは熱い。若書きでプロットが強引だったり文章のミスも目立つけど、キャラクターの熱量がすごくて気持ちを持っていかれる。
あのころの少女小説はこうだったんですよ。
少女小説、というくくりがこの数年、気になってならないです。

過去に、同じように一回、ヴィクロテをしっかりと読み返してみたことがあります。
ヴィクロテが終わった直後は解放された気持ちの方が強くて読む気にもならなかったんだけど、ひどいスランプになって、体調を崩して、そのときに久しぶりに読んでみたら、とても面白くて涙が出た。
これは私の代表作だと初めて思うことができた。

過去にこだわるのもよくないんだけどね。儀式です。
この物語とは何なのか、書いている間はわからないのかもしれません。

さて頑張って次の作品を書きます。
森若さんがドラマになったことは僥倖でした。
多部未華子さん、重岡大毅さん、すべての役者さん、スタッフの皆様に感謝しています。
この先、書くことで返していければと思います。

「存在の耐えられない軽さ」2020/09/06 14:18

ミラン・クンデラ。
読みたかったけど今の私に読めるか?と躊躇してカートに入れっぱなしになっていた小説が届いた。
これ好きって小説は冒頭から、ああ私はこれ好きだなと思う。
地の文で小説家の文章と思想に酔う、というのはとても気持ち良い。

コバルト短編公募の結果が出ました。2020/09/03 12:05


選考会は楽しかったです。編集者さん容赦ない。自分が新人だったころを思い出し、応募者側の立場になりそうになった。
そんなのわかってるよ、簡単にできれば苦労しないよ!みたいな。

まああれです、いろいろ考えて数回トライして書いてみて、それでも無理なら諦めることも肝心です。
私が、SFもファンタジーも壮大な歴史ロマンも大好きだけど私にはどうやら無理なんだ…と悟った時のように。
青木さんの女性キャラは強すぎる(おそらく性格が悪いというニュアンス)、もっと清く正しく可愛くしてくださいとオファーを受け、一生懸命可愛くしようと思ったけどついに可愛くならなかった時のように。
勝手にもがいて、もう売れなくていいから、強くて性格悪い女を思い切り書くわ!と書いたのが探偵貴族、幸せ戦争、さくらちゃん、森若さんです。
それで一定の評価を受けました。なんだ、これが私の持ち味だったんだ…と拍子抜けしました。

でもこれは私の話でね。人によって乗り越え方は違うんですよ。
選評にも書いたけど、欠点を潰していくってやり方より、美点はどこだろうと考えるほうがいいと思う。
もちろん本当に、ここは直した方がいいって箇所は誰にもあるけれども。それにしても、そうすることによって自分の持ち味を消すことにならないように。
批判されることを恐れないでください。講評というのはダメ出しだから怖いだろうけど、ダメを出されないことを目的にしてはならない。
欠点はないが、つまらない。って作品よりも、これは有り得ないだろー!と思いながらも面白い。みたいな作品を書くほうが伸びると思います。